当店で取り扱う素敵なブランドの魅力を、スタッフが愛を込めてご紹介。
歴史や誕生秘話・うんちくなど、徹底的に深堀りします。
あなたもきっと、知れば知るほど好きになる。

NEW
chapter19 :  日々の暮らしに寄り添うデザインプロダクト / SUBU

2016年に生まれたデザインプロダクト。冬に暖かいサンダルを履くことがもたらしてくれるある「豊かなもの」について迫ります。

>chapter18 : 時代を牽引してきた、高い機能性と耐久性を兼ね備えた逸品の数々 / THE NORTH FACE

街で見かけない日がないほど世界中で広く浸透している同ブランドの歴史に迫ります。

chapter17 : 登山服と普段着の融合点を追求する / COMFY OUTDOOR GARMENT

登山服と普段着の融合点を追求するコンフィーアウトドアガーメント。アウトドアは勿論、都市生活においても存在感を放つアイテムをご紹介していきます。<

chapter16 : 着る人の日常を豊かにする服 / HARVESTY

シンプルかつ柔軟で、遊び心を持った大人のための服。毎日の時間の流れに自然に溶け込み、シンプルさのなかに上質なリラックス感を備えた定番服を提案しています。

chapter15 : 創始者の人生の羅針盤となった「ヴィンテージデニム」 / orSlow

ヴィンテージファンをも魅了する、質実剛健な国産ジーンズなどのベーシックアイテムを生み出し続けるorSlow。ジャパンメイドを貫き、細部まで拘りが詰まった完成度の高い名品もご紹介。

chapter14 : ヴィンテージやミリタリーウェアをデザインソースに / solamonat poche

「ポケット(=poche)に手をつっこんで、ラフに、気軽に着られる服」をコンセプトに今着たいアイテムをお届け。

chapter13 : 品よく質実剛健なフランス靴 / KLEMAN

ミリタリースペックなのに洗練された佇まいで、長くフランスの人々に愛されるサービスシューズ。

chapter12 : 日々にちょうどいいフットウェア、「810s」シリーズ

専門分野で培った靴作りのノウハウを、“ちょうどいい”心地よさで日常の道具として提案するプロダクトライン。

chapter11 : 小粋の効いたフレンチワークウェア / DANTON

パリ市の御用達サプライヤーでもあった由緒あるワークウェアブランド。今もなお人気ブランドの立ち位置を守り続けている理由とは。

chapter10 : 質実剛健な「山道具」 / MOUNTAIN EQUIPMENT

ダウンの完成度の高さが伺い知れるエピソードをご紹介。

chapter9 : 様々な国からインスピレーションを受けて / F/CE.

コンテンポラリーファッションをベースにユニークな手法でウェアやバッグを開発。

chapter8 : 一生モノの「育てる」ジャケット / Barbour

英国のモノを大事にする価値観も見事に反映された、長く愛せるジャケットの歴史を深堀り。

chapter7 : アイビーやフレッピーをベースに / THE SHINZONE

ディレクター染谷真太郎氏によって細部までこだわりを持って作られた、カジュアルでもどこか品の良さを感じさせるベーシックなアイテム。

chapter6 : 日々に寄り添ってくれる「永遠の魔法」 / IL BISONTE

創業50年の今もなお、全てメイドインイタリーに拘り、熟練の職人の手によって生み出されるアイテムの美しさの秘密とは。

chapter5 : 人生に野遊びを / snow peak

新潟県三条市に本拠地を置く日本発のアウトドアブランド。ライフスタイルとしてもアウトドアを提案し続けているスノーピークの歩みに迫る。

chapter4 : みんなに愛されるブランドになりたい / CHUMS

カラフルで機能的なアイテムが魅力のブランド。ペンギンに見えるマスコットの鳥の正体とは?

chapter3 : タフでらくちんが嬉しい / THOUSAND MILE

カルフォルニアに本社を置き、耐久性や快適さを兼ね備えた機能的なウェアを多数提案。

chapter2 : シンプルで懐かしい服 / prit

トレンドや年齢にとらわれない、ロングセラーアイテムも多数あるナチュラルブランド。

chapter1 : 「太陽と月」のようにずっと愛されるように / solamonat

心地よく・永く着られること、そして、 日本の職人による丁寧なモノづくりにこだわるWOODY HOUSE発のブランド。

その他ブランド一覧